転勤先で婚活BARに行ってみたら・・・

転勤族サポート隊

婚活BARで出会う男女

転勤してすぐの頃、赴任先で婚活BARに初めて挑戦しました。

婚活BARってあまり馴染みがないかもしれません。

簡単にどんな婚活サービスか紹介すると、まず会員になり身分証明書を提示して登録することで利用できます。

店内は程よく暗く、大人な雰囲気のおしゃれな空間でした。

男性は5千円程度、女性はワンコインで、女性客が多く男性客はパラパラという印象を受けました。

私は友人と二人で行ったのですが、男性の席に女性が店員さんから案内される形で順番に回って行く形式です。

1テーブル30分の時間で、その間に気が合えばテーブルに置いてあるメモ帳で連絡先を交換する方法で、それぞれ行っていきます。

客層は良い方で、男女ともに30歳前後の方が多かったです。

BARなので複数で来ている人も多かったので、心細い方は複数で行かれることをオススメします。

女性客はどうしても着きたくない席には店員さんに伝えてパスすることが可能です。

自分はタイプの女性はいなかったので出会いはありませんでしたが、一緒に行った友人はLINE IDをゲットしていました。

でも、二人きりでのデートまでは進展しなかったみたいですが。

 

婚活パーティーにも行ってみた

次に婚活パーティーですが、男性は5千円前後、女性も千円から二千円程度の会費がかかります。

20対20位で行われる事が多く、プロフィールシートに記入し、こちらは男性側が席を一席ずつ隣に移動していく形式で、持ち時間は一人一分程度。

お互いにプロフィールシートを交換し、それをヒントに会話していきます。

口下手な方に当たると、プロフィールシートを眺めている間に時間が来てしまう事もあって困ります。

全員と会話出来る利点と、選べない難点が混在しています。

各会毎によって年齢層や収入なども選択出来ます。

一通り全員と話終わった時点で、印象の良かった方には手元の表に数字が書かれた紙に丸を付けてスタッフの方に渡します。

この時点で相手側の異性に丸を付けて頂いた人数も判ります。

また、自分から積極的に連絡先をスタッフの方からお相手の方に渡してもらうことも可能です。

 

その次にはフリートークの時間があり、全員が席を立ち、気になる方が居たらお話しに行ったり来てもらったりします。

この時間がビンゴゲーム形式になっており、その日のお題に沿って(スポーツと言えば?など)複数の方に声をかけて、手書きのビンゴを完成させます。

カップリングするには重要な時間で、気のない方に時間を取られて場合は肝心な方とカップリングする事や連絡先交換が出来るか否やを左右する時間です。

最後の結果発表の前の時間も連絡先を直接交換したり、スタッフの方にお預けする最後の時間になります。

最後にその日のカップリング数の結果発表が行われ、呼ばれた方は立ち上がりお互いの顔を確認します。

カップリングしてもしていなくても連絡先を交換出来た人数が結果であり、後日アポを取ってお会い出来るかな?という感じです。

それとちょっと恥ずかしいのが、何回かパーティーに参加していると見た事のある人がいることです。

地方都市は狭い社会なので、3回も行くと顔見知りがポツポツできます。

全員とプロフィール交換するので、毎回会う人とは「がんばりましょうね♪」みたいな会話になってしまうのは、地方婚活パーティーあるあるです。

婚活BARに比べ、やや外交的な印象の人が多いです。

自分をアピールしないと印象に残らないので、どうしても前へ前へ出がちになりますが仕方ないですね。

カップリングするにはそれくらいの積極性がないと、なかなかうまくいきません。

 

婚活CAFEってのもあるよ

最後に婚活CAFEですが、女性は無料です。

こちらが一番ラフな感じで手軽な印象です。

女性が席を移動していく形ですが、私の行ったお店は付きたくない席を断れない方式です。

だから、お互いタイプじゃない人の席に座ると、結構気まずい時間をただただ我慢することになります。

ちなみに既婚者も混じってたりして、真剣に結婚相手を探す身としては不安や不満が多かったです。

 

転勤先の地方として婚活をするならば、婚活BARや婚活パーティー・婚活CAFEはあまりオススメしません。

参加人数が多くないので、何回か参加すると手詰まり感が漂うからです。

やっぱり婚活サイトの方が参加人数も多いし、いきなり対面するわけでもないので自己アピールが苦手な人にはオススメです。