転勤族でも結婚できる!

付き合って3年になる彼女がいます。 そろそろ結婚したいと思って勇気を出してプロポーズをしました。 結果・・・、見事撃沈。 相手も結婚したいと思ってくれていると思ってたところが、まさかの「ごめんなさい」に身も心も凍り付きました。 そのことが原因で彼女とは別れることになったのですが、最後にどうして結婚できないのか理由を聞いてみました。 すると「あなたは転勤族だし、私は今の仕事を辞めたくないから」ということでした。 ぶっちゃけ言うと「なんじゃそりゃ!???」という感じでした。 でも、よくよく考えてみると「私よりも自分の仕事を優先したい。」ということですよね。 と言うことは、本気で結婚を考えられるほどの相手ではなかったということだと解釈しました。 本当に好きで結婚したいならば、転勤先で仕事を見つけることもできますからね。 そのことに気付いたとたん、一気に気持ちが冷めてしまいました。 そんな女性と早く別れることができて良かったのかもしれません。 しかし、これから結婚相手を探す場合に女性からすると男性が転勤族だと言うことは、マイナス要素になる可能性があるってことですよね。 何年かおきに見ず知らずの土地に行って生活をしなければならないのは、確かに不安だと思います。 それに結婚して子供ができれば、家族揃って引っ越しを続けるわけにもいきません。 旦那だけが単身赴任で転勤先へ行き、家庭に父親の存在がないまま暮らしていかなければなりません。 そういうことも考えると、転勤が多い仕事をしている限り、結婚相手を探すのは難しいかもしれません。 もちろん結婚できないということが理由で、転職をするつもりはありません。 今の仕事や会社が好きだし、辞める理由が何一つないからです。 このままの状態で結婚相手を探さなければいけないことが、少し億劫になってきたりもしています。 でも、もうすぐ30歳になっちゃうんですよね。 30歳と言えば男の結婚適齢期。 結婚適齢期を過ぎても独身でいる男性は、自分の周囲にも割といいます。 二つのタイプに分かれていて、「結婚しない派」と「結婚できない派」です。 自分は結婚したくても結婚できない派なので、のんびり構えていることはできません。 転勤族というデメリットを抱えながら、結婚相手を探さなければいけないのです。 さてどうしたもんかと考えていたところ、同期入社の友人が1年間の婚活を経て無事結婚したという情報が耳に入ってきました。 身近に成功例を持った知り合いがいると言うのはチャンスだったので、どんなふうに婚活をして結婚することができたのか聞いてみることにしました。